国内練習会第2弾を開催しました


 本日、ランニングマガジン・クリールとDAC(DREAM ASSIST CLUB)の協力を得て、マカオ国際マラソン日本事務局主催の練習会を東京・皇居周回で開催しました。参加された皆様、お疲れ様でした。マカオで会いましょう。

 東京・日比谷のラフィネランニングスタイルNeoに集合したあと、皇居・桜田門のアシックスの時計台の前に移動。DACの折内折内代表の指導のもと、準備体操をしたあと、皇居を2周しました。折内代表は1992年にマカオ国際マラソン4位に入賞し、2017年には14位となっています。

 本日のゲストランナーは、『ランニングマガジン・クリール』の人気連載でおなじみ、ランナーの永遠の応援歌『Runner』(爆風スランプの)のギタリストであるパッパラー河合さん。参加者と一緒に皇居を走りました。

 途中から自分のペースで走ったパッパラーさんは、そのままライブの仕事に走っていきました。

 実技の最後の練習は、タバタ・プロトコル。20秒の激しい4つの運動と10秒の休息を繰り返すトレーニングで、短い時間で走るためのカラダづくりには最適ですと折内コーチは言います。

  ラフィネランニングスタイルNeoでシャワーを浴びたあと、ポルトガル料理・マニュエル( Manuel Tasca do Talho) 丸の内店に移動して、第2部のスタート。マカオ料理を食べながら、折内コーチからマカオ国際マラソンの特徴やコースの概略、トレーニング計画などについてうかがました。

 大航海時代のおいしい料理を楽しみながら、マカオでの過ごし方などを折内コーチから伺い、充実した内容のクリニックになりました。


79回の閲覧

お問い合わせ マカオマラソン日本事務局  |  03-5643-3927  | https://www.macaumarathon.org/