宿泊料金を節約する方法


 マカオでおいしいものを食べたい、カジノで豪勢に遊びたい、お土産にお金をかけたい、そんなランナーは宿泊料金をできるだけ抑えたいと思うはず。宿泊費を節約するための2つの方法を紹介します。

 まずは、AirBNB(エアビーアンドビー)。いわゆる民泊です。キッチンや洗濯機などがついているケースもあるので、マラソンには最適です。特に仲間とグループで参加する場合は、合宿気分が味わえるはず。住んでいるような滞在体験ができます。

 AirBNBのサイトにアクセスして登録したら、日にちと場所を入力して検索します。スマートフォン用のアプリもあるので、現地で活用するためにアプリもダウンロードしておきましょう。マラソンのスタート&ゴール地点に近い場所を探しているのであれば、「マカオ・タイパ島」で検索します。

 12月1日(土)で「マカオ・タイパ島」で検索して出てきたのが上の画面です。

AirBNB のサイトはこちら

 もう1つは、テレビコマーシャルでも有名なトリバゴトリバゴのサイトにアクセスして日にちと宿泊人数を入力して検索してください。

 下の写真は、マカオの検索した画像です。トリバゴのいいところは、単に安いホテルと選べるだけでなく、通常は高価なホテルに割引料金で宿泊できる可能性があること。下の写真でも、人気のホテルリスボアに半額で宿泊できることがわかります。

 せっかくマカオに行くなら、カジノが併設された豪華なホテルに泊まりたいという人は、トリバゴが便利です。

 トリバゴのサイトはこちら


0回の閲覧

お問い合わせ マカオマラソン日本事務局  |  03-5643-3927  | https://www.macaumarathon.org/