フルとハーフの枠は定員に達しました。ミニマラソンは申し込みを受け付けています



 12月5日に開催されるマカオ国際マラソンの登録は、9月25日午前9時(日本時間10時)にフルマラソンとハーフマラソンの申し込みが開始されました。


 フルマラソンの定員1,400人、ハーフマラソンの定員4,800人に達したため現在、申し込みは受け付けていません。9月26日午前9時(日本時間10時)に登録がスタートしたミニマラソン(約5km、定員5,800人)はまだ、申し込みを受け付けています。しかし、人気の種目ですので、すぐに定員に達するものと思われます。


 新型コロナウイルス感染拡大により、昨年同様に日本事務局の活動を停止しています。一昨年までのように、日本事務局経由での申し込みはしておりません。ご理解ください。2021年9月27日現在、マカオには日本人は原則入境できません。年内の入境緩和は極めて難しい状況だそうです。また、現状、陰性であったとしても帰国時には14日間の待機が義務付けられています。マカオ国際マラソン参加を計画されている方は、状況をよく理解した上で判断してください。

7回の閲覧0件のコメント