マカオへのアクセスが便利になります

マカオ政府観光局が発行するNEWS RELEASEが届きました。香港国際空港とマカオを結ぶ世界最長の港珠澳大橋の開通に関するニュースです。マカオへのアクセスがよりよくなります。 「港珠澳大橋」開通 2018年10月24日(水)、マカオ、珠海(中国)、香港の3都市を結ぶ世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし:Hong Kong-Zhuhai-Macao Bridge=HZMB)」が開通しました。 香港国際空港脇の「香港口岸」(イミグレーション施設)と「マカオ口岸」間は24時間シャトルバスが運行、日中のピーク時には5分おきに出発します。香港とマカオ双方のイミグレーション施設間を最短30分で結び、日本から香港国際空港を経由してのアクセスがより多彩になりました。 これまで夜間・早朝の香港便利用の場合は、空港ーマカオ間のフェリー運行スケジュールの関係から、香港市街のフェリーターミナル経由での移動や、香港での前泊が必要でした。港珠澳大橋開通で深夜・早朝でも15?30分に1本のペースで香港・マカオを結ぶシャトルバスが運行され、24時間いつでもアクセス可能になりました。シャトルバスの運賃は65香港ドル(24:00~5:59は70香港ドル)。

港珠澳大橋の開通でマカオマラソンへの参加がしやすくなります

香港とマカオをむすぶ港珠澳大橋がついに開通することになりました。マカオ新聞によると10月24日に午前9時に正式開通することになったようです。 これにより、香港国際空港から陸路でマカオに渡ることができるので、マカオへのアクセスが便利になります。詳しくは、マカオ新聞の下記の記事をご確認ください。 https://www.macaushimbun.com/news?id=25482 写真はイメージです。

日本事務局のエントリーを締め切りました

日本事務局で行っていたエントリー(スポーツエントリーとJTBスポーツステーション)は、本日、定員(100人)に達したため、フルマラソン、ハーフマラソン、ミニマラソンともに締切りました。 現地サイトからもお申し込みいただけますが、ハーフマラソンとミニマラソンはすでに定員に達しています。フルマラソンはまだ申し込みができるようです。下記のサイトからお申し込みください。 http://www.macaomarathon.com/

ハーフとミニももうすぐ定員です

すでにお知らせしているように、日本事務局のフルマラソンの出場枠は、早々に定員に達しました。現在、ハーフマラソンとミニマラソンは受け付けていますが、この2つの種目ももうすぐ定員に達しそうです。出場を予定している方は早めにお申し込みください。 なお、マカオ現地のエントリーサイトでは、ハーフマラソンとミニマラソンが定員に達し、申し込みができない状況になっています。10月2日15時現在、フルマラソンは現地サイトでお申し込みいただけます。

お問い合わせ マカオマラソン日本事務局  |  03-5643-3927  | https://www.macaumarathon.org/