フルマラソンは定員に達しました

日本事務局が確保しているフルマラソンの出場枠は定員に達しました。フルマラソンを走りたいと考えている方は、現地のサイトからお申し込みください。現地のサイトの申し込み開始日時は、現在確認中ですが、確認が遅れる可能性があります。マカオ国際マラソンは人気大会のため、現地サイトでの申し込みはすぐに定員に達する可能性があります。定期的にサイトをご確認ください。 ハーフマラソンとミニマラソンは、お申し込みいただけます。こちらからお申し込みください。ただし、ハーフ、ミニともに残りの枠は少なくなっています。

台風の影響について

マカオ政府観光局から台風22号の情報が入りましたので、お伝えします。 台風22号(国際名「マンクット」)について 16日から17日にかけてマカオ周辺を襲った台風22号(マンクット)の影響をお知らせ致します。 【負傷人】 40名(17日現在)死者なし。 【インフラ】 ・フェリー = 2社とも通常運航 ・航空便 = 通常運航 ・路線バス = 一部路線でルート変更して運行 ・シャトル = 通常運行 ・電力 復旧済み ・水道 一部住居で断水(タンク設置) 【観光】 ホテル施設 ・宿泊施設 = 閉鎖の発表なし。宿泊は通常営業 ・屋外施設 = 各IRの屋外プール(ギャラクシー、パリジャン、サンズコタイセント ラル)は閉鎖中。めどが立ち次第再開 「パリジャン」 エッフェル塔もめどが立ち次第再開。 ・ショー = ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターおよび西遊記 18日以降 は通常公演 世界遺産 ・窓ガラスが割れたり、低い土地にある寺院が浸水。 18日は一部を閉館して清掃が行われました。19日以降は清掃・安全の確認が取れ次第 再開。 ※写真はイメージです

プロントでマカオ料理を楽しむ。抽選でマカオ旅行を当てる

東西文化が融合したマカオ料理をプロントで楽しめるキャンペーンが始まります。12月のマカオ国際マラソンを走る前にマカオ料理を楽しみたいという方はぜひ、プロントに足を運んでみてください。マカオ旅行が当たるスクラッチも実施されます! マカオ政府観光局と全国220店舗の「カフェ&バー プロント」を展開する株式会社プロントコーポレーションは、2018年9月18日(火)から 11月30日(金)まで、「PRONTO×マカオ政府観光局『DISCOVER MACAOキャンペーン』」を実施します。 「マカオ料理」は、大航海時代のポルトガル人により、ヨーロッパやアフリカ・アジアなどの寄港地から食材や食文化がマカオに持ち込まれ、それらが地元の中国料理と融合し、暮らしのなかで発展したもの。そのユニークな食文化が評価され、昨年マカオはユネスコ創造都市ネットワーク(UCCN)の「食文化創造都市」(シティ・オブ・ガストロノミー)として認定されました。 キャンペーン期間中はバータイムに、マカオ料理を気軽に楽しめます。メニューや各種ツールでマカオの観光や食文化の情報をゲット! あわせて抽選でマカオ旅行が当たるプレゼントキャンペーンやノベルティグッズが当たるスクラッチも実施されます。 PRONTO×マカオ政府観光局 「DISCOVER MACAO キャンペーン」 期間:2018年9月18日(火)~11月30日(金) 詳細:https://www.pronto.co.jp マカオメニュー(全5品) ・アフリカンチキン(エスニックチキン) ・ミンチィ ・あさりの香草レモン蒸し ・マカオ風チキンライス ・フライドパスタ(

国内練習会第2弾を開催しました

本日、ランニングマガジン・クリールとDAC(DREAM ASSIST CLUB)の協力を得て、マカオ国際マラソン日本事務局主催の練習会を東京・皇居周回で開催しました。参加された皆様、お疲れ様でした。マカオで会いましょう。 東京・日比谷のラフィネランニングスタイルNeoに集合したあと、皇居・桜田門のアシックスの時計台の前に移動。DACの折内折内代表の指導のもと、準備体操をしたあと、皇居を2周しました。折内代表は1992年にマカオ国際マラソン4位に入賞し、2017年には14位となっています。 本日のゲストランナーは、『ランニングマガジン・クリール』の人気連載でおなじみ、ランナーの永遠の応援歌『Runner』(爆風スランプの)のギタリストであるパッパラー河合さん。参加者と一緒に皇居を走りました。 途中から自分のペースで走ったパッパラーさんは、そのままライブの仕事に走っていきました。 実技の最後の練習は、タバタ・プロトコル。20秒の激しい4つの運動と10秒の休息を繰り返すトレーニングで、短い時間で走るためのカラダづくりには最適ですと折内コーチは言います。 ラフィネランニングスタイルNeoでシャワーを浴びたあと、ポルトガル料理・マニュエル( Manuel Tasca do Talho) 丸の内店に移動して、第2部のスタート。マカオ料理を食べながら、折内コーチからマカオ国際マラソンの特徴やコースの概略、トレーニング計画などについてうかがました。 大航海時代のおいしい料理を楽しみながら、マカオでの過ごし方などを折内コーチから伺い、充実した内容のクリニックになりました。

お問い合わせ マカオマラソン日本事務局  |  03-5643-3927  | https://www.macaumarathon.org/